kekeの考えること

こういうことを考えてる人もいるんだなぁ

車/交通

公共交通。

日本の地方交通、特に鉄道の存廃について、あちこちで議論されているようですね。 少子高齢化、それに伴う人口減少、止まらぬ過疎化と、良い未来を模索するための要素が見つかりません。 よりコストの安いバスへと転換していくのが多いみたいですが、場所に…

五七五。

タイムズに タイムズカーが 停めてある 《訳》 タイムズパーキングの時間貸枠に、タイムズカーシェアの車両が停めてある。借り主は、意図してタイムズに停めたのだろうか。なにか優遇特典などがあるのかもしれない。カーシェアで得たポイントで駐車料金を払…

海ほたる。

いまさらかもしれませんが、アクアラインの海ほたるSAに行ってきました。 いつでもいけると思うと全然行かない、私の悪い癖です。とはいえ、目的は別にあり、帰りに立ち寄った、という感じですがね。 景色は、いいのでしょう。 海のむこうにうっすらと広がる…

骨董車両。

私は、東京都内、京王線という私鉄沿線の生まれです。 ですから、当然のように、電車なら京王線、という、謎の贔屓目があります。 今は別の場所に住んでいますし、仕事の都合上で住まいを選んでいることもあるので、JR沿線です。 京王線の車両は、古いモデル…

人対人。

21世紀になり20年ほどが経過したわけですが、昭和に生まれたボクらが夢想したほどには、21世紀というのは超絶未来ではなく、前世紀の匂いを色濃く残しています。例えば、自動車は、まだタイヤがついています。 未来的要素として、電気で走る自動車というのは…

仕事中の一コマ。

「これから行くお客さんのとこ、道わかる?」「はい」「もう何度も行っているところだしね。じゃぁ、運転は任せるよ。時間に余裕はあるから、よろしく」 運転を新人に任せ、私は別件で会社へ連絡を入れていた。 おや、私が教えたルートを外れたぞ?このまま…

道路。

新道、新しい道の建設を見かけることがある。 都心部においても見かけることがあり、さすがに大通りを何キロにも渡って、というのはないが、数百メートルの新道であっちとこっちを接続し、バイパス効果を狙っているだろう工事はちょくちょく見かける。 少し…

イマドキの車。

最近の車は、賢いですね。 今、私が乗っている車はハイブリッドカーなのですが、ギアがないので、山道が不便だろうな、と思っておりました。長い下り坂などではエンジンブレーキを使用するというのは教習所でも習うことです。ですが、ハイブリッドカーは、車…

自動運転車両についての妄想。

そう遠くない将来、といっても、私の寿命が持つかはわからない程度には先のことだが、いつか、自動車というのは完全な「自動運転車両」が一般的となる時が来るだろう。運転装置はなくなり、完全コンピュータ制御で、目的地を指定すれば、乗っているだけで連…

押しボタン式信号。

バス停に向かう間に、信号がひとつある。 交差点ではなく、横断歩道のための、押しボタン式の小さな信号だ。 おばあちゃんが、信号が変わるのを待っている。 少し時間があったので、私もゆっくり歩いて信号に向かっていたのだが、私がたどり着くまでに信号が…

はてなブログ「今週のお題」

今週のお題「復活してほしいもの」 絶滅したわけではないのだが、絶滅がもはや約束されているような存在として、ガソリンエンジンの自動車がある。 併せて、最近少し復調の兆しが見えてきていたマニュアルトランスミッション(以下MT)車も、ガソリンエンジ…

それっぽい。

私「この、○○っつう交差点を曲がる」 私「次に、○○ってお店の看板がある脇道に入る」 私「しばらく行くと、それっぽい道が出てくるから、それを右」 私「500mぐらい行くと…」 相手「え、それっぽい?」 私「そう、それっぽい道」 相手「いや、それっぽいって…

雪道。

予定がキャンセルになり、暇な連休になるかと思いきや、いわゆる配偶者が、スキーに行きたいと言い出した。 本当は2月の連休にと考えていたのだが、どうやら休みを届け出るのがこわいらしい。 というわけで、急遽、車を走らせることになった。 スタッドレス…

バスの中の光景。

バスが、ブレーキを踏む。 となりに立っているおじいちゃんが、 ぴょいっ と飛ぶ。 おじいちゃんは照れ隠しにすごく真面目な顔をして、元の立ち位置に戻っていく。 バスがブレーキを踏む。 すると、またおじいちゃんが ぴょいっ と飛ぶ。 おじいちゃんは、何…

はてなブログ「今週のお題」

今週のお題「あったか~い」 寒い冬、その暖かさに幸せを感じる物事はたくさんある。その人その人の生活環境、好みなどで、チョイスされる「あったか~い」は変わってくるだろうから、一概に「これ」と言い切ることはできない。なので、現段階で私のチョイス…

近所の徘徊(散策)。

私のいわゆる配偶者は、先日まで仕事の通勤に100ccのスクーターを使っていた。ちょっと落着きのない人で、急遽転職することになり、バス通勤に。我が家でスクーターを使用することが全くなくなってしまった。 色々と思い出の詰まったスクーターなので手離す…

路線バスと座席。

帰宅中のバス。 久々に、座ることができた。 中途半端な時間になってしまったせいか、やけにバスがすいている。が、さすがに全席埋まったか。 かわいそうに、たった1人の若者だけが、座れずに立つことになってしまった。 まぁ、これはいわゆる「明日は我が身…

緊急車両と横断歩道。

押しボタン式の信号。 ちょうど信号が切り替わるかな、という時に救急車がやってくる。 緊急走行時であれば、たとえ歩行者であっても、救急車を優先して走行して頂きますね。 ですが、救急車も事故を起こすわけにはいきません。交差点通過時には充分に減速し…

ポイントフェチ(線路の)。

今日は、予約投稿というやつをやってみましたが、なんか色々と失敗です。 気を取り直して、いつもの時間に更新です。予約投稿のためにネタをひとつ消費してしまったんで、ここは文章量よりも心の叫びで勝負です。 さて。 私が線路フェチ、ことさらポイントフ…

老いと通勤電車。

通勤途中、お年寄りが電車に乗ろうとしていたのです。 勝手に評価して申し訳ないのですが、かなり足腰には衰えが見える感じです。 電車がきて皆が乗り込みますが、どうしてもそのお年寄りだけ、極端に遅い。 そして、手すりがないと段差を乗り越えるのが危な…

活気の芽。

路線バスは、たいていの場合において時間通りにはやってこないので、きっちりバス停まで時間を図って歩いても、待つ時間が発生します。 私が利用するバス停は、近隣では主となる幹線道路沿いにあり、大きな交差点もそばにあるので、場合によってバス停の前が…

車の思い出。

まず、右か左かを決めます。 コイントスでもいいし、サイコロでもいい。 次に、スタート地点を決めます。 これは、気分かな。どこに、どの向きで、まで決めるとよいでしょう。 そうしたら、スタート地点まで車で移動します。 向きなどもちゃんと揃えた上で、…

嗜好と心理。

昨日と似た雰囲気で。 人は、自分の好む分野において、それが好きであればあるほど、オタクとかヘンタイとかフェチと言われることを好む。 「○○って、ほんと✕✕オタクだよなぁ」 これは、○○からすれば、褒め言葉に近い。まして、相手が自分のオタクっぷりに肯…

公共交通に関する妄想。

昔、シムシティという、いちから街を作るテレビゲームがありました。最近まで続編が販売されていたと思いますが、今現在はわかりません。ただ、ゲームのジャンルとしては確固たるもののようで、同じく街を作るゲームというものは存在するようです。 私が楽し…

Aボタン→アクセル。

私は、自動車が好きです。 といっても、修理したり改造したりすることは出来ませんし、レースに参加したり、スポーツ走行をする、ということもない、一般的ドライブの範疇での話です。 以前、ブログで触れましたが、歳を取って免許返納になってしまうまでに…

MT車。

持論。 MT(マニュアルトランスミッション)車の運転は、お腹をひっこめる効果がある! だって、両足を使いますもん! 一応説明しておきますと、運転中、常にギアをガチャガチャやっている車です。 クラッチを踏む時には左足をあげるけど、右足はアクセルワー…

バス停での作法。

通勤はバスと電車です。 自宅から最寄りのバス停は、主に3方面行が共用しているバス停なので、ちゃんと行先を見て乗らないといけません。 そのバス停は、ある中高一貫校の生徒が使用するバス停なので、通学時間帯はけっこうな数の生徒が降ります。乗客のおよ…

通勤時使用するバス停の問題点

私は、バスと電車で通勤しています。 乗換駅は栄えた街で、バスも各方面に多く出ています。 ですが、各バス停は駅前の通り沿いに並んでおり、その通りはデパートやらが並ぶ繁華街。 その歩道に、利用者は並んで待つわけですが、混む時間帯には、列の最後尾が…