kekeの考えること

こういうことを考えてる人もいるんだなぁ

無駄考察/妄想

つぶやき。

北風と太陽、という童話をご存知だろう。 旅人の上着を脱がせる勝負を挑んだ北風だが、太陽に完敗する。 今、起きている戦争、まるで北風と太陽のように思える。 NATO入りを拒むため、力を見せつけて脅しをかけた北風。結果はまだ出ていないが、先んじて、同…

公共交通。

日本の地方交通、特に鉄道の存廃について、あちこちで議論されているようですね。 少子高齢化、それに伴う人口減少、止まらぬ過疎化と、良い未来を模索するための要素が見つかりません。 よりコストの安いバスへと転換していくのが多いみたいですが、場所に…

マンモス。

例えば、今は昔となった感のある、終身雇用というのは、その雇用は会社が守っています。 なので、会社自体が倒れてしまえば、当然ですが、終身雇用は保たれません。それとも、転職先を斡旋してくれたりするのでしょうか。 公務員というのも、自治体や国があ…

廃集落の鳥居。

廃集落を訪れる動画を見ました。 それが目的というより、ツーリング途中で見つけた廃集落を探索、といった感じでしたが。 神社があったところで、鳥居が倒れていて苔むしていました。お社はなく、基礎のみが残っている感じです。 どこの廃集落でも多少の差は…

圧電素子。

火をつける時に使用する、ライター。 石を擦って火花を散らし、ガスに着火させるタイプと、ボタンを押して電気的な火花(?)を飛ばし、着火させるタイプがある。 この、ボタンを押すタイプのライターには「圧電素子」というのが仕込まれていて、技術的、物理…

文字と音。

私のアイコンになってるドアップの猫。 「こてつ」と言う名前である。 いわゆる配偶者の一存で決めたので、私の意見は入っていない。 私は、猫や犬に限らず、名前をそのまま呼ぶことはあまりなく、フルネームでしっかり呼ぶのは叱る時ぐらいのものだ。 普段…

趣味と妄想。

私は、無趣味というか、趣味を捨て去ってきたというべきか、特に入れ込んでやっている何かはありません。 よく、だらだらとYou Tubeを見ていたりしますが、これも趣味というか、どちらかというと空き時間の穴埋め、金も労力もかからないので、時間を持て余す…

寝不足での妄想。

戦争が続く。 以下は、寝不足の頭で妄想したものなので、言葉が強かったり、極端だったりするかも知れないが、頭が回転していないせいであり、その点、お断りしておく。 そして、私は、なんの知識も経験もないただの民草なので、その点も考慮して頂きたく、…

自分のものという感覚。

例えば、フードコートで荷物を置いて席を立ち、戻ってきたら知らない人が座っていたら、ムカッときますね。いや、怖いか。 駐車場で、バックで駐車枠に入れようとしていたら、後ろから来た車が頭から突っ込んで入ってきたりしたら、やっぱりムカッときますね…

終末時計。

私には「機を見る」という能力はない。 なので、経営者には向かないし、大局的に物事を見て判断するのも向いていない。 だから、私にはわからないのだが。 露国には、撃って出る、何か積極的な「機」があったのだろうか。 速攻、即決。それが出来なかったの…

頭痛と気付き。

気がつけば、奥歯をギュッと噛み締めている。 そんな自分に気付いたのは、もう随分と前だが、いまだに、これは直らない。 じっと、耐えている。 恐怖とか、不安とか、漠然としながらも、いつもそばにある、そういう要素から。 臆病な自分を知っているので、…

時事ネタ。

殺生石が真っ二つに割れた、というニュース。ネットニュースではだいたい掲載されていたので、ご存じの方が大半だろう。 九尾の狐が封じられているという、石である。ニュースのコメント欄を覗くと、科学的な推測、人為的(いわゆる犯罪)であるという推測が…

覇権。

以下は、特に情報収集もしていない、私の戯れ言ですので。 世界中が注目している戦争について、様々な憶測や疑問が飛び交っております。 そんな中で、なぜ米国は武力参戦しないのか、というのがあります。まぁ、これはNATOにも同様の疑問、意見がありますけ…

独り言。

ウクライナが、かつてのソ連の中でも、重要な位置付けだったことは想像に難くない。 チェルノブイリ原発があり、核兵器が配備され、不凍港があったわけで、立地からも、今回の問題の発端となったように、西側陣営との最前線に位置している。 ソ連崩壊時には…

道路。

新道、新しい道の建設を見かけることがある。 都心部においても見かけることがあり、さすがに大通りを何キロにも渡って、というのはないが、数百メートルの新道であっちとこっちを接続し、バイパス効果を狙っているだろう工事はちょくちょく見かける。 少し…

エモい。

オジサンと呼ばれる年齢になり、ある程度が経過する私である。もともと、流行などに疎い性格で、流行り言葉なども同様であり、やっと身についた頃には死語になっている、ということは度々あった。 エモい。・・・? いい意味なのか、悪い意味なのかがまずわ…

自動運転車両についての妄想。

そう遠くない将来、といっても、私の寿命が持つかはわからない程度には先のことだが、いつか、自動車というのは完全な「自動運転車両」が一般的となる時が来るだろう。運転装置はなくなり、完全コンピュータ制御で、目的地を指定すれば、乗っているだけで連…

検索エンジン。

おや。 久しぶりにはてなブログの「アクセス解析」を覗いてみたのだが、Bingからのアクセスがあったようだ。ということは、Bingの検索エンジンで引っかかったということか? そういえば、アクセス数を伸ばすための技とかそういう情報に、検索エンジンに掲載…

鍋。

鍋をつつく、という言い方がある。 卓上にカセットコンロなどを用意し、グツグツ言わせながら、湯気でメガネを曇らせながら、皆で鍋料理を楽しむ景色に用いられる。 つつく、というのは比喩で、箸で具材をとりあげる時のサマを表現しており、続けて考えるな…

はてなブログ「今週のお題」鬼

今週のお題「鬼」 鬼にまつわるエピソードは難しい。 実在しないから、とも言えるが、鬼、という単語自体に、あまり馴染みのある生活をしていない。 また、鬼、というのは、わかるようでわからない存在でもある。 古くは、悪霊のことを指すこともあった。 と…

たまにする妄想の話。

たまに、自分が高齢者になった時のことを妄想する。きっかけは、夢でも見たんじゃなかったかと思うが、妙に頭についていて、ふとした時に思い出すのだ。 念のため、独りよがりな妄想なので、万一、不快感を感じる方がいらっしゃったら、お詫び申し上げます。…

タグのこと。

ブログにつける「タグ」が苦手だ。 言葉の選定自体もそうだが、一番の理由は、気兼ねしてしまうからである。 細かな仕組みは知らないが、検索したりソートしたりするのに使う情報なのだろう。つまり、タグというのは、より多くの人に読んでもらうためには、…

はてなブログ「今週のお題」

今週のお題「現時点での今年の漢字」 「拡」 年末どころか半期でもなく、四半期ですらない。まだ、今年は1ヶ月も経っていない。 さすがに今このタイミングで挙げる漢字が、そのまま年末まで残ることは考えにくいが、とにかく、今、挙げるならこの漢字だ。 拡…

私の中の名言。

あとで困ることを、なんでいま困ってるの? 目から鱗の、私の中の名言。 シチュエーションとしては、お弁当を持ってくるのを忘れて困っている子に、別の子が、なんで困っているのかを訊ねます。 あとで、お腹が空いちゃって困ると思うから… そんな返答にたい…

都市の点在。

高齢化を踏まえた都市の在り方として、生活のしやすさが重要視される。 近所で買い物ができる、水道ガス電気などのインフラが行き届いている、交通の便がいいなどだ。 また、行政側からの見方として、広範囲に点々と住まわれると、コスパが非常に悪く、局所…

食生活と異常値。

不健康、してますか? 名実ともに中年という域に達しましたら、途端に健診結果に変化が現れたワタクシです。 昔からどちらかというと健康で、だからこそ体のことには無頓着でおりましたが、このところ、健診のたび、オールAないしB判定ということがなく、1~…

努力と言葉。

正月気分もいい加減やめにして、いよいよ一年をスタートさせねばならない。 今年はこれをやる、というのが幾つかあり、なおかつ達成しやすいように、私が嫌いな努力などは一切必要としないものばかりなので、淡々と事を進めていけばよいだけのことだ。 この…

スキーと五木ひ〇し。

というわけで、思い付きでスキーに行ってまいりました。私もいわゆる配偶者も、けして上手ではありませんが、初心者というわけでもない。 冒険をしなければ、まぁそうそう転ぶこともない。そんな程度です。で、上級者がカッコよく滑っていくのも見て、いわゆ…

日本人。

ずいぶん前から、国の借金がどうとか、国民一人あたりの借金がいくらとか、そんな話が出ていた。今でも、そういう話題がないわけではないと思う。 しかし、コロナ禍によって、そんな声が聞こえなくなった。 発していないわけじゃないのだろうが、特にこの2…

時。

賀正。 年始のご挨拶は別記事とし、ここでは本年の妄想始めをさせて頂く。 人生で四十数回目の正月を迎え、なんとなくこどもの頃の正月を振り返ったり、あと何回、正月を迎えることができるのか、とかを、暇にまかせて考えていたのだが。 過去から未来へ一方…