kekeの考えること

こういうことを考えてる人もいるんだなぁ

生活

不器用。

さて。 「趣味をもとう」 「趣味をやろう」 という、順番が違うような気がしないでもない趣味活動だが、順調に(?)スタートしている。 もともとは、物事には没頭するタイプなので、どっぷり浸かるのは苦ではない。 大人の事情とか、大人な心がけとかで、そ…

趣味話。

先天的に、というか、宿命というか、私は金儲けが下手なんだろうな、と思う。 こういうご時世なので、何かをするにしても、お金になるとか、お金ではないにしても、何かしらの財産になるような動きをすべきだ、とは思うのだが、そういう方向へはなかなか興味…

はてなブログ「今週のお題」

今週のお題「ホーム画面」 まず、私自身のスペックとして、ホーム画面という言葉より、待受画面という言葉の方がしっくりくる。そして、スマホというより、ケータイと呼んでしまう。いや、むしろ携帯か。 一貫してAndroidユーザーだ。 初めてスマホを購入し…

公共交通。

日本の地方交通、特に鉄道の存廃について、あちこちで議論されているようですね。 少子高齢化、それに伴う人口減少、止まらぬ過疎化と、良い未来を模索するための要素が見つかりません。 よりコストの安いバスへと転換していくのが多いみたいですが、場所に…

マンモス。

例えば、今は昔となった感のある、終身雇用というのは、その雇用は会社が守っています。 なので、会社自体が倒れてしまえば、当然ですが、終身雇用は保たれません。それとも、転職先を斡旋してくれたりするのでしょうか。 公務員というのも、自治体や国があ…

徒然話。

朝、家を出る前に、トイレに行く。 今は、一日中、車に乗ってあっちこっち行っているので、トイレ(を使う事態)はけっこう死活問題になりかねない。 朝、自宅から直接、一時間ちょっとかけて客先に向かうので、途中でもよおさないように、出し切っておく。 な…

はてなブログ「今週のお題」

今週のお題「好きな街」 静かなところがいいよね。生まれ育ちの住環境が、上下6車線の国道と県道、複線の鉄道に囲まれた地域だったので、静かな時がないところだった、というのもある。 だから時折でいいんで、シン、とするような町がいいかなぁ。でも、こう…

一般的な人生。

一時、私のいわゆる配偶者が、霊感のようなセンスを持ち合わせていたことがある。 もともとそういう体質なのか、そういう能力者に接していて発動したとかで。結婚したら、きれいさっぱりなくなりましたが。 なぜ能力者に接していたのか、というのはまた今度…

はてなブログ「先週からのお題」

最近は、私に縁のないお題が続くなぁ。 もしも英語が使えたら。というより、いまどきは、英語が使える人って、多いんじゃないのだろうか?なんか私の幼少時代にあったお題に見えてしまう。 個人的感覚としては「英語が喋れるのスゲー!」というよりも、「え…

趣味と妄想。

私は、無趣味というか、趣味を捨て去ってきたというべきか、特に入れ込んでやっている何かはありません。 よく、だらだらとYou Tubeを見ていたりしますが、これも趣味というか、どちらかというと空き時間の穴埋め、金も労力もかからないので、時間を持て余す…

問題の先送り。

洗濯が終わり、ランドリーハンガー(?)に洗濯物をピッピッと吊っておりました。 最後に靴下の群集が残り、その塊から想定し、ちっちゃいランドリーハンガーを取り出したところ、いわゆる配偶者が、 「それじゃ、ひとつずつ吊ったら足りないじゃん」 とツッ…

はてなブログ「今週のお題」

今週のお題「わたしの部屋」 いつぞやのお題の続きになりそうな話題だが、私に自室はない。なので、こだわりの家具もないし、お洒落要素もない。 そもそも、幸いにして今は既婚者というカテゴリに収まっているが、独身を継続していたら、間違いなく「こどお…

タフ。

自分にはもともと、逃げ癖がある。 怒られるのが嫌で逃げる、プレッシャーに耐えられず逃げる、面倒になって逃げるなど、様々だ。 あげくには家事から逃げる、飲み会から逃げる、微妙な距離感の友人から逃げるなど、煩わしいことからも逃げる癖がある。 昔か…

自分のものという感覚。

例えば、フードコートで荷物を置いて席を立ち、戻ってきたら知らない人が座っていたら、ムカッときますね。いや、怖いか。 駐車場で、バックで駐車枠に入れようとしていたら、後ろから来た車が頭から突っ込んで入ってきたりしたら、やっぱりムカッときますね…

はてなブログ「今週のお題」

今週のお題「買いそろえたもの」 例えば、漫画とか小説とかなら、いくつかは買いそろえたことがある。横山光輝三国志は、揃え甲斐があった。 一方、JOJOは、いつまでも終わらないので意識的に断念した。 また、こち亀も、もう一人の自分が「やめておけ」と囁…

はてなブログ「今週のお題」

今週のお題「引っ越し」 私が子どもの頃は、毎年1~2人は、各クラスに転校生がいたような気がしますが、今はどうなんでしょう。 当然、子ども達の都合であることはごく少なく、その大半は「親の都合」ということでしょう。 10代~20代の引っ越し理由は、進学…

ヘアスタイル。

最初のコロナ禍以来、髪の毛は、いわゆる配偶者に切ってもらっている。 若い頃に、専門学校に通ったことがあるようで、まぁ、ド素人の切り方ではないようだ。 わたしとしては、実は助かっていて、どうも美容院というのが苦手な私は、コロナ関係なく、行くの…

ごじー。

5G。 ちがう、「ごじー」じゃない。「ふぁいぶじー」だ。 その特徴のひとつとして高速大容量通信があるぞ。 え、じゃぁ読み込み時間がさらに短縮される? …と、いちユーザー、いち素人としては考えてしまうだろう。 安心しなさい。 それは受信端末次第だ。 …

道路。

新道、新しい道の建設を見かけることがある。 都心部においても見かけることがあり、さすがに大通りを何キロにも渡って、というのはないが、数百メートルの新道であっちとこっちを接続し、バイパス効果を狙っているだろう工事はちょくちょく見かける。 少し…

押しボタン式信号。

バス停に向かう間に、信号がひとつある。 交差点ではなく、横断歩道のための、押しボタン式の小さな信号だ。 おばあちゃんが、信号が変わるのを待っている。 少し時間があったので、私もゆっくり歩いて信号に向かっていたのだが、私がたどり着くまでに信号が…

鍋。

鍋をつつく、という言い方がある。 卓上にカセットコンロなどを用意し、グツグツ言わせながら、湯気でメガネを曇らせながら、皆で鍋料理を楽しむ景色に用いられる。 つつく、というのは比喩で、箸で具材をとりあげる時のサマを表現しており、続けて考えるな…

癖。

昔、長髪だった頃があります。 当時流行っていた「ロンゲ」というのとは違い、まさに長髪でした。 バンドをやっていた影響もあり、さらにはそのバンドのメンバーの影響もあり、いわゆるビジュアル系っぽい、中性的なイメージを目指しておりました。 しかし、…

たまにする妄想の話。

たまに、自分が高齢者になった時のことを妄想する。きっかけは、夢でも見たんじゃなかったかと思うが、妙に頭についていて、ふとした時に思い出すのだ。 念のため、独りよがりな妄想なので、万一、不快感を感じる方がいらっしゃったら、お詫び申し上げます。…

よーく考える。

え? 猫の水? 今使っているお皿じゃダメなの? 水が循環して、常に清潔なやつ…まぁ、そういうのがあるのは知っているけども。 なんでいまさら? いくらするの?うち貧乏なのわかってるよね? よ~く考えてから決めてくれぃ。 次の日。 え?スキーウェア? …

都市の点在。

高齢化を踏まえた都市の在り方として、生活のしやすさが重要視される。 近所で買い物ができる、水道ガス電気などのインフラが行き届いている、交通の便がいいなどだ。 また、行政側からの見方として、広範囲に点々と住まわれると、コスパが非常に悪く、局所…

食生活と異常値。

不健康、してますか? 名実ともに中年という域に達しましたら、途端に健診結果に変化が現れたワタクシです。 昔からどちらかというと健康で、だからこそ体のことには無頓着でおりましたが、このところ、健診のたび、オールAないしB判定ということがなく、1~…