kekeの考えること

こういうことを考えてる人もいるんだなぁ

仕事

刷り込み。

僕が、古い人間だからなのか、日本人だからなのか、指示待ち人間だからなのか、自分を持たない人間だからなのか。有給休暇などの休みには、無条件で罪悪感を覚えてしまう人間です。別に、僕がいなくたって会社はまわる、というのはわかっていますが、そうい…

伝える。

物事を、正しく言葉で表現するのは、難しいですね。 出来ているようであっても、実は聞き手の経験や知識の上に成り立つ文章になっていたり、説明が入るともう、どの主語がどの動詞につながっているのかわからなくなっていたりします。書いている自分は違和感…

ハバツ。

後輩と帰宅タイミングが同じになったので、少し、話しながら帰ってきた。 彼は僕よりずっと若く、後輩、という呼び方にもしっくりこない年齢差がある。 現に、僕が現場だった頃、最後の営業所では、僕の部下という立場だった。 紆余曲折を経て、今は部署は違…

日記。

雪かきしました。 会社で。 あれですね、道を歩くのと同じで、雪の多い地方の人は雪かきも上手なんでしょうけど、そうじゃない人には、かなりの重労働ですね。 いや、雪の多い地方の人でも重労働でしょうけども。 正味二時間ほど雪かきをしたんですけども、…

取り急ぎ。

東京も、積もりましたね、雪。 会社でも、蜘蛛の子を散らすように、皆が帰宅してゆきました。 問題は、今日の出社でしょうね。 みんながちゃんと出社できるかどうか。一応、歩ける範囲に電車は2路線あり、片方は地下鉄なので、新宿あたりまで出てくることが…

面接。

僕の勤める会社は、新卒採用はありません。 また、最初から正社員雇用もありません。 部署によって、アルバイトからだったり、契約社員からだったり、と違いはあるものの、非正規雇用から始まるのは共通です。 正社員としての雇用は、それらのアルバイトや契…

吉凶。

昨年末に、異動があるかも、という話をブログで書きました。 かも、なので、まだ本決まりではないものの、そこそこの立場の人から呼ばれて言われていますので、そこまで適当な話ではないんだろうと思います。 今の環境から変われるなら、むしろ喜ばしいこと…

会社のこと。

この時期に聞く異動話は、たいてい春、新年度からのことだと思うのですが、うちの会社は基本的にその日暮らしなので、来期を待たずに異動になることが多い。 特に、今は採用を絞っているので人手が足らず、手持ちのコマをあっちこっちに振り分けてその場を凌…

重ねてみる。

若い頃は、うだつの上がらない自分の生活ぶりを、髀肉の嘆、などと言っておりました。 当時の自分の年齢からすれば、臥竜、の方がしっくり来るぐらいでしたが。 それから幾歳も重ね、今の僕はまさに、髀肉の嘆、だなぁ、と。 劉玄徳の髀肉の嘆は、北方で袁紹…

問題。

車が好きだったので、車の運転をする仕事というのは憧れがありました。 当然、仕事というのは運転「だけ」ではないわけですから、運転してればよい仕事、という考え方は、子どもの頃から若い頃にかけての、世間知らずな憧れでしかなかったわけですが。 でも…

休暇。

会社に休みをもらって、少し遠出しようと思います。 今年度はまだ有給休暇を使っていません。みんな夏休みという名目で規定の日数を消費するのですが、私はまだ取っていません。ちなみに夏季休暇という名目の特別休暇はありません。 なので、夏休みではない…

朝の居場所。

私の勤める会社は、始業の10分以上前に出勤することを禁じています。 労務にしっかりしている、と言えば聞こえは良いですが、自宅から歩いて出勤、なんて人はほとんどいないので、都合のよいタイミングで出勤できる人は少なく、タイムカードを切れずにいる難…

夏休み。

世間的には、チラホラと夏季休暇を取得方法する人が出てきましたね。7月、海の日の連休に絡めた長期休暇というあたりから、大人達の夏休みシーズン幕開け、という感じですかね。現場仕事の頃は、まとまった休み自体、取れることが稀でしたが、今いる本社機能…

バイトの記憶。

今週のお題として書こうと思ったのですが。お題の趣旨とは関係なくなってしまったので、普通のブログとして書くことにします。 さて。お題は“やったことがあるアルバイト”なのですが、私は特別、特殊なアルバイトは経験がありません。平凡なバイト経験の中で…

羨望。

先日、私から申し出て、他部署の定期ミーティングに参加させて頂きました。自分としては、傍聴できれば嬉しい、ということだったのですが。 その部署は、いわゆる品質管理部門であり、そこには品質維持や向上の“今”があります。どんな問題が起きていて、どん…

愚痴のような話。

先日、職場の人達と飲む機会があり、そこで知ったのだが、私の部署の長は、どうもあまり人望がないというか、あまり良い話を聞かなかった。 私は、数年その下にいて、どうも自分とウマが合わないらしい、というのは最近やっと悟ったのだが、そういう角度から…

予定。

事務職というか、内勤を主とする立場になって数年経ちます。 平日稼働がメインの会社ですが、現場では日曜祝日も稼働が一部ありますので、現場にいた頃は日祝出勤もありましたし、ひどい時には年間の休日が日曜の数より少ないも、なんて時もありました。 な…

はてなブログ「今週のお題」

今週のお題「盛り」 仕事で、新入社員に対し、実務の基礎的な研修をします。文章にしてしまえば、誰でも理解できるし、わざわざ言うことか?というぐらい、単純な話です。 ただ、そんな話をするなかで、ああしろ、こうしろ、といちいち話をするのは、過去に…

性質。

調子に乗ると、痛い目を見る。 私はよく、小さい頃、親にそうやって叱られた。 そんな経験があるものだから、大人というのは調子に乗ったりはしないし、常に冷静で落ち着いているものなのだ、という印象を持っていた。 そういう経験は他にもあるし、そして、…

滑稽。

人が何かにすがる気持ちというべきかわかりませんが、変わってほしくないとか、変わったことを信じたくない、という気持ちは、思いのほか多くの人に、思いのほか根強く、あるのかもしれないと思いました。 終身雇用が崩壊、というニュースは、私世代が社会に…

引っ込み思案。

自分からグイグイ行く性格ではありません。 どちらかといえば引っ込み思案というのが、ベースにあります。 自分なりに改善をしてきたつもりですが、いざという時には素の性格が出るものですね。 なので、例えば仕事の報告なども、必要なこと以外はしません。…

猫の仕事。

猫は、なんだかんだで、従順だし、素直である。個々の性格はあれど、飼い主のことを信用しているし、そのうえでの悪戯だったりワガママだったりするので、賢くもある。もちろん、保護猫などではトラウマを抱えた猫もいるので、一概にすべて、というわけでは…

落とし物。

うちの会社でよく起きるミスのひとつで、忘れ物とか、落とし物がある。 これは、性格も起因はしているのだろうが、比較的、誰にでも起こりうる現象のように見える。 朝、必要なものを持って出るのを忘れるとか、そういう類の忘れ物ではなく、もっと刹那的な…

教える。

知識は、求めれば得られるのかもしれないですが、それを実際に活用し、生きる、とか、仕事をする、という経験を経て、その知識は身につくというか、血肉になると思います。 特に、仕事上のノウハウなんかそうですね。 なので、座学などで伝えられることは、…

盲点。

年度末ですね。 人事考課の季節でもあります。 あ、まっとうな会社はもう終わっているのかな。 期初に立てた(立てさせられた)目標は、ほとんど未達になりますなぁ、今回は。 私自身、他人事のように今の部署におりますが、嫌でもこの目標というのは求めら…

合うとか合わないとか。

ふと、日々の中でも、数日単位で繰り返す周期があることに気付く。 例えばここ数日は、ブログも更新したりしなかったりで、内容も、随分とネガティブである。 ネガティブな内容がいけないわけでもないだろうけども、そればかりになることは、私自身が望む形…

ストレス。

もし、自分が大病し、安定して勤務が出来なくなったらどうするだろう、と考える機会が増えました。 先日ブログにも書きましたが、会社に闘病中の方がおり、その人は、体が動かなくなるまで、現役で仕事をしたいと言っており、会社はその意見を尊重しています…

手順。

電子媒体には、社外秘の情報や、個人情報が記憶されているから、施錠できる場所に保管をしないとならない。そして、その引き出しやらキャビネットの鍵も、安易に取り出せるところにあってはいけない。 そんなわけで、個人に割り当てられているノートパソコン…

重ねる対象。

私は、長いものに巻かれるタイプです。 「改革してやる!」とか、 「結果をだしてやる!」とか、 そういう、熱いタイプではありません。 そんな人間にとって、仕事で所属する部署というのは、そこがあらかじめ持っている雰囲気や風潮によって、本人の在り方…

外。

昔読んだ歴史小説に、冴えない役人が出てきました。何を聞いてもまともな返事が出来ず、当たり前の雑務程度しか出来ない。 しかし、外に出ると、急に頭が回りだし、能弁になり、国家の大計すら語れるようになる。 外、というのは、建物の外です。外交の場と…